Office 365と連携する

Office 365への連携仕様

Office 365へ本サービスに登録したデータを源泉として、データの同期を行います。

同期対象のデータは以下となります。

    • ユーザ

    • グループ

    • 連絡先

各データの詳細は以下をご参照ください。

ユーザ

本サービスに登録されたユーザ情報をもとにOffice 365へデータ同期を行います。

同期されるデータは以下の通りです。

凡例

◯ 連携項目

— 連携対象外

補足事項

※1 設定をしない場合、Office365の表示名には「姓」「名」が利用されます。

※2 送信メールの差出人名で利用されます。

※3 複数のライセンスを割り当てることが可能です。

表示されるライセンスは連携したOffice365環境の情報を元に利用可能なライセンス情報を表示します。

Office365の仕様上、ご契約されているライセンスと異なる表示となる場合があります。

グループ

本サービスに登録されたグループ情報をもとにOffice 365へデータ同期を行います。

同期されるデータは以下の通りです。

凡例

◯ 連携項目

— 連携対象外

連絡先

本サービスに登録された連絡先情報をもとにOffice 365へデータ同期を行います。

同期されるデータは以下の通りです。

凡例

◯ 連携項目

— 連携対象外

補足事項

※1 国は、ISO 3166-1で規定される2文字の国コードとしてください。

例)日本: JP, 米国: US

※2 空での更新はできません。

関連する記事