機能・操作について

GSuiteの環境を削除せずにログインIDを変更するにはどうすればよいでしょうか?

ログインIDの変更は行えません。

ただし、GSuite環境を削除せず、別に新規作成したシングルサインオン ユーザと連携することは可能です。

これによりログインIDの変更と同じ動作が可能となります。

詳細については、以下をご参照ください。


本手順については、GSuiteのみと連携を行なっている前提となります。

GSuite以外のサービスと連携を行なっている場合は、弊社サポートまでお問い合わせください。

GSuite環境を別に新規作成したユーザと連携する方法

1. 管理者ポータルにログイン後、上部メニューの「システム」をクリックください。

2. G Suiteの「プロビジョニング」ボタンをクリックください。

3. Gsync画面遷移後、画面下部にあるオプション情報から「ユーザの論理削除 有効」をチェックし、「変更」ボタンをクリックください。

4. 管理ポータル画面に戻り、上部メニューの「ユーザ」をクリックください。

5. 削除する対象ユーザの「削除」ボタンをクリックください。

プロビジョニング履歴画面では、対象ユーザは削除のステータスとなりますがGSuite環境は削除されず、ユーザステータスが「停止中」となります。

◆プロビジョニングログ

※ 削除したユーザのG Suite管理コンソール上のユーザステータスは、「管理者により停止中」となります。

6. Gsync画面に戻り、「ユーザの論理削除 有効」のチェックを外し、「変更」ボタンをクリックください。

7. SSO管理ポータル画面に戻り、新たに紐づけるユーザを新規作成ください。

プロビジョニング履歴画面では、新規作成ユーザは作成のステータスとなりますが問題ありません。

※注意 新規作成するSSOユーザと既存G Suiteユーザを紐づけるにはメールアドレスを一致させる必要があります。

◆プロビジョニングログ

※ G Suite画面では、新規作成ユーザは「アクティブ」となり別ユーザIDへの連携が成功となります。